元気な毎日を応援します!  www.taihei-group.jp
タイヘイグループ
文字サイズ 文字サイズ大文字サイズ小

先輩社員にインタビュー
タイヘイM&C佐賀店 営業
田口忠良(27歳)

 これが私の仕事 「5年10年、少しでも長いお付き合いを」と願う、人間味あふれる営業です
私たちの営業は、福祉用具や住環境整備の提案を通じた“生活のお手伝い”。「一度売ったら終わり」「一度に数千万・数億円単位の商談」といったスタイルの営業に比べれば、確かに地道かもしれないですね。でも、不幸にも歩行が不安定になってきた方が、家族に気兼ねすることなく自力でトイレに行けるよう、室内に手すりをつける…それだけでも、残された人生の質が少し、あるいは大きく向上するかもしれません。何度もお会いし、じっくりお話を聞けば、自然と「10年先、20年先までもお元気でいてほしい」と思います。そう願いながら少しでも生活改善のお役に立ちたいと、一生懸命、提案を考える。本当にそれしか考えてないんですよ。営業だから当然、売上目標もありますが、目の前の利用者様の身になればなるほど、数字もついてくる。そんな営業職です。
 だからこの仕事が好き!
 一番うれしかったことにまつわる
 エピソード
3年のお付き合いの末に…ご家族からいただいたお礼状は、一生の宝物です
それは昨年、入社8年目のこと。まだ真新しい記憶です。その利用者様には、自力で歩けるころから靴や杖などをお使いいただいていました。お付き合いが始まって3年、病状の悪化に伴い身体機能が急激に低下。ついには寝たきりの状態になられ、急きょベッドやエアーマットをお届けするなど、私としても精一杯の対応を尽くしましたが、残念ながら… そして、その一ヵ月後。その方の娘さんが来社され、置いていかれたお手紙には、土日や夜間の緊急対応へのお礼、「最後まで理想的な在宅看護ができた」と感謝がつづられ、最後に「いつも笑顔で安心できました。ありがとうございます」と記してありました。感謝するのは私の方なのに… お手紙は自宅に大切に保管。今も開くと涙が…でも胸の奥の深いところから、別の勇気も湧いてきます。一生の宝物です。
 ズバリ!私がこの会社を選んだ
 理由 ここが好き
大好きな祖父母に恩返しができる仕事!と、迷わず決めました
小さいころの私は“おじいちゃん子”であり“おばあちゃん子”でした。就活の時期は、そんな大好きな祖父母が入退院を繰り返すようになった頃。大平の事業内容を知り、福祉用具を扱う仕事で世の「おじいちゃん、おばあちゃん」の力になりたい!と、迷わず入社を決意したんです。入社後は、福祉用具の存在が想像をはるかに超えるレベルで高齢者の皆さんの安全と安心に寄与していることを知り、手ごたえを感じました。もちろん自分の祖父母にも電動ベッド、車椅子、杖と、積極的に当社取扱商品を提案・活用し、手すりなどは私自身が施工(笑)。喜んでくれました。その祖父母も今は故人。自己満足かもしれませんが、最後の最後で、精一杯の祖父母孝行ができた気がしています。ありがとう、おじいちゃん、おばあちゃん!
 これまでのキャリア 営業(現職・今年で9年目)
 先輩からの就活アドバイス 何よりもまず、自分のやりたいこと、関心がある分野を素直に目指すことが大事だと思います。ただ、せっかくの就活なのだから、あまり狭い範囲に限定せず、いろんな業種・規模の企業を見てみるのもいいのでは。もしかすると、想定外の分野、思わぬところから、本当の意味で自分の志向・能力とマッチする会社が見つかるかもしれません。あと、面接で大事なのは、やはり笑顔と挨拶。緊張感もあるでしょうが、きっと笑顔が助けてくれますよ。


この仕事のポイント
  職種系統 営業(個人向け・得意先中心)
  仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
  仕事のスタイル 多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
  仕事で関わる人 一般消費者・利用者と接する仕事
  仕事で身に付くもの 上質のサービスや商品に接し、知識・教養が深まる仕事
  特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事



PAGETOP


 
Copyright(C) 2006 TAIHEI  Co., Ltd All rights reserve.